ローバースカウト隊

隊長

加藤研也



ダウンロード
杉並4団ローバー隊憲章ダウンロード
杉並4団ローバー隊憲章.pdf
PDFファイル 22.4 KB

ローバースカウト隊の紹介
●ローバースカウト隊は、18歳~25歳の青年(男女)を対象とした部門になります。
●ローバースカウト活動は、※1「ちかい」及び※2「おきて」を生活の中で具現化する機会を自ら考え実行し有為の生涯を築き社会に奉仕する精神と体力を養うことを目指します。

※1「ちかい」
1. 神と国とに誠を尽くしおきてを守ります。
1. いつも、他の人々をたすけます。
1. からだを強くし、心をすこやかに、徳を養います。
※2「おきて」
スカウトは誠実である
スカウトは友情にあつい
スカウトは礼儀正しい
スカウトは親切である
スカウトは快活である
スカウトは質素である
スカウトは勇敢である
スカウトは感謝の心をもつ

ローバースカウトのモットーはボーイスカウトと共通で「そなえよつねに (備えよ常に)」です。

●ローバースカウトの活動は、スカウトが「個人」で考えて定めます。また、ローバースカウトは「クルー」という隊を形成して「ローバークルー憲章」という自分達で定めた自治規則に則って活動します。
●活動の目標(日本連盟規程集より抜粋)
 ○ 明確な信仰をもち、自己の所属する教宗派の行事に進んで参加する。
 ○ 高度の野外活動により、心身を鍛練しスカウト技能を磨き奉仕能力を向上させる。
 ○ 自ら課題を設定し、調査、実験及び実習によってこれを研究し、自己の生活を更に開発する。
 ○ ビーバー隊、カブ隊、ボーイ隊又はベンチャー隊の訓練指導に協力し、奉仕する。
 ○ 地域社会への認識を深め、地域に貢献する。
 ○ 国際組織、国際社会の一員として、相互理解を深め、国際活動、国際協力について学び実践する。

活動の形態
 ・ローバースカウトミーティング
 ・他隊運営奉仕(プログラムの企画・立案・運営)
 ・個人プロジェクト、グループプロジェクト
 ・会議に基づいて決定した活動(キャンプ、隊集会etc..)
 ・地区・県連盟・日本連盟行事への参加
 ・海外派遣
活動の紹介
  活動の内容についてはブログをご覧ください。


 

 

Peplirote(ペプリローテ)

杉並4団ローバー隊 隊歌

 

Words&Music     ・

ヨハネ・マリア・ヴィアンネ

佐久間 彪 (さくまたけし) 神父

 

1

Peplirote peplirote peplirote o kieros 〔時が満ちた〕

Peplirote peplirote peplirote o kieros 〔時が満ちた〕

Peplirote peplirote peplirote o kieros 〔時が満ちた〕

ingiken ingiken ingiken 〔来た〕

2

Ibasilia ibasilia ibasilia tu padros 〔父の王国〕

Ibasilia ibasilia ibasilia tu padros 〔父の王国〕

Ibasilia ibasilia ibasilia tu padros 〔父の王国〕

ref.

3

Metanoite metanoite metanoite Pistevete 信じよ回心せよ〕

Metanoite metanoite metanoite Pistevete 信じよ回心せよ〕

Metanoite metanoite metanoite Pistevete 信じよ回心せよ〕

ref.

 

名誉隊長 故 ヨハネ・マリア・ヴィアンネ 佐久間 彪 (さくま たけし) 神父