ボーイスカウト隊

隊長

副長

副長

副長

副長

常世田琢

島村安有美

大高駿

高橋芳和

河合真太郎


副長 長田昌史

副長 柳沢明

副長 水野薫


副長補 宮田泰光

副長補 佐藤悠介

副長補 渡邉大祐

副長補 野場圭人

副長補 鈴木祐司

副長補 福重光人


副長補 並木崇大

副長補 松本浩司

副長補 冨田光雅

副長補 土屋達馬

副長補 広瀬純平

副長補 河本龍太



ボーイスカウト隊の紹介
●ボーイスカウト隊は、小学校5年生の9月から中学高3年生8月までの少年(注1)を対象とした部門になります。
●活動(プログラム)は、班長が中心になりスカウト達が主体的に行います。
班長は、班のスカウト達を指導できるようなるために特別の訓練(班長訓練(注2))を受けます。
●年間の活動は、スカウト達による名誉会議(班長会議)によって決められます。
会議は、班の編成(人事)や翌年の夏のキャンプで「何をやりたいか(達成するのか)」について話し合われ年間を通しての活動計画(年間プログラム)など重要な内容がスカウト達によって話し合われ決められます。
●「計画書の作成」「プログラムの実施展開」「報告書の作成(評価・反省・改善)」を繰り返す事で、準備、評価、反省の大切さを実感していくことや進級時に面接を受けて、自分の考えを人に伝えることを訓練する機会が設けられていることも、この部門の教育の特徴です。
●スカウト達は、班の仲間と協力して成し遂げられることを実感することで「自ら考え行動して行く事」「協力することの大切さ」を学んでいきます。

 ●ボーイスカウト部門の活動の目標(日本連盟規程集より抜粋)

 ○ 神をうやまい、自分のつとめを行う。(注4)
 ○ 野外活動により大自然を知る。
 ○ 自分の役割と責務を果たすことを学ぶ。
 ○ 人生に有用な知識と技能を習得する。
 ○ 自ら考え、判断し、決断する力を養う。
 ○ 自分の特性と長所に目覚め、創造力を伸ばす。

 ○ 健康の増進につとめ、身体を強健にする。
 ○ 好奇心と冒険心を満足する活動を行う。
 ○ リーダーシップを身につける。
 ○ 他の人々に役立つ奉仕活動を行う。
 ○ フェアプレーの精神と正義感を養う。
 ○ 愛と感謝する心を養う。
 ○ 国際社会の一員として、国際理解について学び体験する。

(注1) 日本を含めて世界のスカウト運動では男女を対象としていますが、杉並4団では男子に限定しています。
         中学生以下の女子で入団をご希望の方は当団の姉妹団 ガールスカウト東京57団までお問い合わせください。
(注2)「班長訓練」 指導者は、上級班長(注3)と協力して、班長(または班長と次長)が、班の中でリーダー
    シップを発揮して、更にマネジメント出来るように「班長訓練」で、班長を指導・助言・援助していきます。

(注3)上級班長は、班長の取りまとめ役、隊全体の管理責任者として任命されたスカウトです。
(注4)規定集では「神(仏)」と記載されていますが杉並4団はカトリックスカウトであるため、神のみの記述としています。
活動の紹介
  活動の内容についてはブログをご覧ください。


▲ページTOPに戻る